スリーインワン・コンセプツ®の創始者たち

 

 スリーインワン、またはスリーインワン・コンセプツ®は、心、体、魂の統合を意味し、1982年ごろにゴードン・ストークス、ダニエル・ホワイトサイド、キャンデス・キャラウェイという3人のアメリカ人によって生まれた、より自由に本来の自分と出会っていくための、ホリスティック・ワークです。

1992年より本格的に日本にもたらされ、地道ながらも確実に広がってきています。創始者のゴードン、ダニエルは1995年から2005年まで、毎年、日本を訪れ、大阪、東京、名古屋、沖縄などでワークショップを開催し、その誠実さと洞察の深さ、ハートにあふれたアプローチで多くの人たちに、感動と変容をもたらして来ました。

スリーインワン・コンセプツ®社は、現在は、カリフォルニア州、サウザンド・オークスにあり、アナスタジア・トモコ・ワダ社長のもと世界中でセミナー、ワークショップ、セッションが行われています。

 

下記に創始者の人たちのプロフィールをご紹介します。


ゴ−ドン・ストークス(1929〜2006)
 
スリーインワン・コンセプツ®の創始者。20年以上にわたり、セルフ・へルス・ムーブメント(自己健康運動)の先駆者。親業、行動遺伝学、サイコドラマ、ロールプレイングなどを学ぶ。10年以上、タッチ・フォー・ヘルス財団の国際トレーニング・ディレクターを務め、その途方もない温和さと応用キネシオロジーに関する豊富な知識で世界的に名を知られている。また、国際スペシャライズド・キネシオロジスト協会の設立を助け、現在はその代表でもある。1963年に行動遺伝学の資格認定を得て以来、ダニエル・ホワイトサイド、キャンデス・キャロウェイと共にスリーインワン・コンセプツ®を創始する。スリーインワン・コンセプツ®は、学習障害(LD)が脳障害よりは幼少時の心理的傷から来ることをつきとめ、アメリカやヨーロッパにおいても画期的な効果をあげている。ゴードンが初めて子供向けに書いた絵本(1999年に日本語訳が出版されている)、「ストレスがなければ勉強はかんたん」はアメリカの年間ベストブックにも選ばれている。
 

創始者ゴードン・ストークスのインタビ ュー記事pdf(1999年アネモネ掲載)

 

 

ダニエル・ホワイトサイド(1933〜2013)
 
両親であるロバート・ホワイトサイド、エリザベス・ホワイトサイドと共に、行動遺伝学の先駆者として、国際的にその名を知られており、無数のラジオ・テレビ番組にゲスト出演し、たくさんのフィルム、ビデオシリーズにも主演している。ゴードンとの25年にも及ぶパートナーシップにより、心理学的洞察と行動遺伝学の統合がもたらされ、ゴードンと共同してスリーインワン・コンセプツ®のテキストのほとんど全てを執筆している。また、行動遺伝学のベストセラー、「どうやって自分を克服するか」(父親、ロバートとの共著)や、小説を執筆し、成功をおさめている。文学や歴史、芸術、考古学、音楽、形而上学の深い知識を持ち、まるでシェイクスピアの役者さながらの派手な振る舞いの裏に、繊細でデリケートな感受性と鋭い洞察力と共に、限り無い人間愛を感じさせてくれる。
 また、ダニエルは1950年代に米軍基地に、1年近く滞在していたことがある。そして、その時からの友人であり、同僚のチャールズと共に、「THE LADIES OF THE PACIFIC」を書き上げました。ダニエルもチャールズも沖縄のことをとても愛していて、これは、沖縄のことを題材にした数百ページにも及ぶ小説です。 1日でも早い出版が待たれています。

 

創始者ダニエル・ホワイトサイドのインタビュー記事pdf(2001年アネモネ掲載)
 
 
 

2000年ギャラ祭in京都、創始者と共に。
米国本部 創設期時代のマルゴ。
       
 

 

 


ゴードン・ストークス氏の夢

2006年8月13日(日)の朝、ゴードン・ストークスが眠ったまま安らかに亡くなりました。彼は息子のマイケルとともに家族の再会の集いに参加していました。
ゴードンの希望はメモリアル・サービスをしないことでした。ゴードンに敬意を表すには花やカードの代わりに彼のワークを尊重してくださることをお願いします。あなたの愛とサポートを示す一番の方法はスリーインワン・コンセプツ®を学び続けられることです。 ゴードンがいてくれたことに敬意と感謝の念を示すのに、アップデイトされた状態を維持しこのワークを広めることに勝るものはありません。今教えている人は、教え続け、スリーインワン・コンセプツ®が世界中で広がっていく手助けをしつづけてください。ゴードンが望むことも同じだと思います。
ゴードンを記憶から消さない方法はスリーインワン・コンセプツ®がどの家庭でも知られる名前になるよう手助けをすることで彼の遺志を完成させることです。これはゴードンの夢であったのですが、これからは私たちがそれを受け継いでいきたいと思います。 あなたが何か必要であれば、私たちがお役に立ちます。

スリーインワン・コンセプツ®社のスタッフ一同

下記の写真はゴードンが身体を離れる12時間前に、マイケルと撮られた写真です。マイケルは2008年3月まで、ゴードンが亡くなった後、現体制までの大変な移行期の1年半あまりを社長として尽力されました。

 


2008年4月より、アナスタジア・トモコ・ワダさんが新社長に就任されました。中央の女性です。

2008年5月ブダペストのギャラ祭にて

 

 

 

 

Copyright (c) Swan House, 1999,all rights reserved.  当サイト中の文章、イラスト等の無断転用はご遠慮下さい。